職務経歴書作成の書き方について

看護師の転職〜職務経歴書作成

看護師に限らず、職務経歴書の作成は多くの転職希望者を悩ませているポイントでしょう。同じ転職関連の書類でも、学生時代のアルバイトや新卒での就職活動などで履歴書は比較的馴染みのある存在である事に対して、職務経歴書を作成した経験は転職経験者でもない限り皆無であるはずです。

書いた事のない書類を、何の不安や疑問もなく作成できてしまう方はそうはいらっしゃらないでしょう。 職務経歴書に記入するべき要点は「過去の職務経歴」と「その経歴から裏付けられる自身の能力」についてです。

一つ目の職務経歴については、これまでの経歴を書く訳ですので悩む事も少ないでしょう。過去あった事を書くだけですので、新しく考える必要もありません。気をつけたいポイントとしては、出来るだけ詳細に分かりやすく記入する、といった点です。

履歴書にも同じように経歴を記入する欄が存在しますが、それよりも詳細に書き出して下さい。勤務先はもちろん、どの部署に所属していたのか、診療科や役割はどのような物であったのか、また委員会や研修への参加についても分かりやすく書き記しましょう。

そして、多くの方が悩むのが二つ目の職業能力についてです。たしかに、具体的なキャリアや資格、また得意な分野が存在している看護師であれば、その内容をアピールできる格好の場になるでしょう。しかし全ての看護師がスムーズに自身の具体的な能力を思いつく事が出来る訳ではありません。

ここでペンが止まってしまうと、まるで自分は転職の武器となりうるキャリアや資格を持たない不利な人材であるとも感じてしまうかもしれません。しかし覚えておいて頂きたいのは、職務経歴に書く事が全くない方は存在しないという事です。

「本当に書く事がまったく無い」と悩んでいる方でも必ず書く事が出来るキャリアや能力があるはずなのです。もしも職務経歴書の作成に行き詰まっているのであれば、転職支援サイトのコンサルタントのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

転職サイトのコンサルタントは、過去に多くの転職活動を見てきた転職のプロです。そんな専門家による客観的なアドバイスを受けながら、自信の持てる職務経歴書を完成させましょう。

↑ PAGE TOP