老人ホームやデイケアで働く派遣看護師の仕事内容とは

老人ホームやデイケアで働く派遣看護師たち

看護師の方はすべて正社員として働いているわけではなく、派遣やパートといった形態で勤務する人も大勢います。ここでは派遣看護師の中でも老人介護の現場で働く人たちについて取り上げてみたいと思います。

看護師の仕事は医療の現場だけでなく、高齢者を介護する場でも求められています。日本ではこれから先もどんどん高齢化が進んでいきますから、介護の現場で働く看護師もますます必要とされるでしょう。

看護師にとっても介護の現場で働くことはやりがいを感じられますし、派遣でも勤務先がたくさん見つかるのでメリットは大きいのです。介護に携わるのであれば、老人ホームやデイケアが主な職場になるでしょう。

老人ホームは高齢者が入居する施設です。病気を治療する場ではなく生活の場ですから、通常医師は常駐していません。老人ホームで派遣看護師として働く場合は、入居者の健康管理が主な仕事となります。入居者に担当医がいる場合は、その医師に指示された通りに処置をしたり健康状態をチェックします。

高齢者が集まるホームですから、インフルエンザなどの流行にはとても気を遣います。 こうした流行性の病気が蔓延しないように対策をするのも看護師の大切な仕事の一つです。高齢者は若い人たちより病気にかかりやすい傾向があるので、予防策をしっかりとっておかなければなりません。

一方デイケアの方は、高齢者が日中通ってくる施設になりますから、老人ホームとは業務内容が異なります。来所した高齢者について食事や排泄の介助を行ったり、入浴を補助するといった仕事があります。

でも介護士のように介護を担当するスタッフが他にいますから、どのような業務を行うかはデイケアによって異なります。看護業務としては、来所者のバイタルチェックをしたり服薬管理を行うこともあります。

老人ホームやデイケアでは高齢者と関わることになるので、高齢者の看護に興味のある方は目指してみるのも良いでしょう。派遣の求人も多くありますから正社員として勤務するのが難しいという方にもおすすめです。

↑ PAGE TOP